現在のページ : トップページ

世界のLCCの状況

LCCというのは、航空会社の大手の2割~8割とも言われているような運賃の安いもので旅客サービス行っている、航空会社の格安のものです。
はっきりとした定義はLCCにはありませんが、航空機の種類を少なくしたり、簡素に機内サービスをしたりすることによって、費用を抑えて、安い運賃にしている航空会社を一般的には言います。


1990年代から、欧米においては航空の自由化が進み、LCCが相次いで設立されるようになり、アジア地域においても2000年代になるとLCCの数が急に増加しました。
現在では、LCCの旅客シェアは欧米においては30%になり、アジア地域でも15%~20%くらいになっています。


もともとLCCは、特定地域だけで運行しており、航空会社のローカルなものが業態を転換したケースや、新規に業界以外から参入したケースが多くあります。
しかしながら、航空会社の大手をしのぐまで大きくなっているケースも現在では多くあります。
例えば、アイルランドのLCCもローカルな航空会社でしたが、航空会社の大手が独占していたアイルランドの主要路線へ進出したのを機会に路線を欧州全域に拡大し、現在では欧州の中において旅客数のランキングにおいてトップを争うような会社になっています。


近年、アジア地域のLCCの成長が特に目に付きます。
例えばマレーシアの LCCは、非常に安い運賃によって、航空機を今まで利用しなかったような人も使うようになり、アジア太平洋地域において快進撃しています。
本サイトでは、LCCで世界一周旅行、LCCのシェアが拡大、格安の航空会社、についてご紹介します。


[外部リンク]
スカイマークの航空チケットを簡単に予約出来るサイトです → → スカイマーク